日本全网“黑”的琦玉表示:我们很宜居!

埼玉の魅力って、本当に何もないの――? Jタウンネット編集部では、先日から「県民に聞いてみたい『埼玉のここが好き!』」というテーマを掲げ、読者の皆様の埼玉愛を募集してきた。

琦玉就真的一点魅力也没有吗?J TownNet编辑部就在前几日以“想问问县民们‘琦玉县的这里令人喜欢!’”为标题,收集了各种各样的来自读者们的琦玉爱。

日本全网“黑”的琦玉表示:我们很宜居!

住むには一番?

是最宜居的地方?

今回取り上げるのは県内在住の30代女性からのエピソード。観光地や名所ではなく、住む街としての埼玉について語ってくれた。

这次为大家带来的是来自琦玉县在住的30代女性的小故事。不说观光景点也不说名胜古迹,仅仅是作为居住地区来说一说琦玉县的宜居性。

 

「埼玉に帰ってきて、すごくホッとしました」

“回到琦玉县,就能感到非常的放松”

 

埼玉は「住みやすい」点が最高です。「住宅の町」、「箱の町」と呼ばれる位、埼玉は観光地よりも「住むこと」に特化しています。

琦玉县最大的优点就在于“宜居”,被称作“住宅城市”“住房街道”的琦玉,比起观光景点,“居住城市”这一点显得更为突出。

 

商店も多く、買い物にも不自由しません。普段着は、しまむら(埼玉が本社)で十分。

商店很多,购物完全不会有不便之处。平时穿着的衣服在shimamura(总公司在琦玉)买就足够了。

 

気候も安定していて、天候災害も少なく、地盤も固いので、大きい地震があってもまわりの県よりも震度が小さいです。

天气很好,没有什么天气灾害,地盘稳固所以就算有大地震也比周围的县震度要小些。

 

家賃も高くなく、交通の便も良いです。

租金也不高,交通还方便。

 

一時期、仕事で他県に住んでいましたがそこは有名な観光地で、家賃は高いし普段住んでいる場所に観光客もいて、バスに乗れなかったり、電車が混んだり、道路が渋滞してバスが来なかったり、観光地や店までの道を聞かれたり、「住人以外が生活環境内にいる」のが結構ストレスでした。

之前有一段时间因为工作关系在其他的县住过,因为是在一个有名的观光地区所以租金比较高,和一般的住宅区域不一样会有游客来,又坐不上巴士,电车人又多,还有因为堵车巴士不能按时来,还会被问景点餐厅怎么走之类的情况,“在生活环境中会存在居民以外的人”这一点给人造成了很大压力。

 

埼玉に帰ってきて、すごくホッとしました。

回到琦玉,真是松了一口气。

 

 

本文由知诸学院原创翻译,转载请注明出处。

文章来源:Livedoor NEWS              文章翻译:四季