最低限のマナー?会計後に店員に「ありがとう」を言うべきか

最低限的礼节?结账后应该对店员说“谢谢”吗?

最低限的礼节?结账后应该对店员说“谢谢”吗?

ざっくり言うと

会計後、店員に「ありがとうございます」と言うべきかSNSで議論になった

言うか言わないかは自由であり、自分の気持ち次第だとマナーコンサルタント

相手にプラスの印象をもたらすなら、積極的に伝えるのはよいことだとした

粗略来讲

结账后,应该对店员说“谢谢”吗?这在SNS上成为议论的话题

说不说是个人自由,要看自己的心情和礼节顾问

要是能给对方带来正面印象的话,积极地传达就是好事

 

最低限のマナー? それとも不要? 会計をしてくれた店員へ「ありがとう」は伝えるべきか

是最低限的礼节?还是不需要?应该对给我们结账的店员表达“感谢”吗?

 

飲食店やコンビニエンスストアでの会計後、店員に「ありがとうございます」と言うべきか――。このような投稿を巡って先日、SNS上で議論が起きました。お礼を言う派が「必ず言います」「最低限のマナー」と主張する一方、言わない派からは「必要ある?」「恥ずかしい」などの声も。また「言うのが恥ずかしい気持ちも分かる」「常識というより礼儀」といったコメントも見受けられます。

在饮食店和便利店结账后,应该对店员说“谢谢”吗?--围绕这样的投稿,前几天在SNS上引发了讨论。“要表达谢意”派主张“必须要说”“这是最低限的礼节”,另一方面“不要表达谢意”派的观点“有必要吗?”“很难为情”之类的。此外也看到了 “说会很难为情,这种心情也能理解”“与其说是常识,不如说是礼仪”之类的评论。

 

 マナーのプロの見解とは、どのようなものでしょうか。「マナーは互いをプラスにするもの」をモットーに、国内外の企業や大学などで人材育成教育やマナーコンサルティングを行うほか、NHK大河ドラマなどのドラマや映画でマナー指導を行い、国内外で80冊以上のマナー本を出版しているマナーコンサルタント・西出ひろ子さんに聞きました。

  礼仪专家的见解是怎么样的呢?对此询问了礼仪专家西出hiroko,她以“礼仪会为彼此加分”为口号,在日本国内外的企业、大学进行人才培养教育和礼仪咨询之外,还在NHK大河剧之类的电视剧、电影上进行礼仪指导,在国内外已经出版了80本以上的礼仪书。

 

相手の立場で考えることが大切

Q.会計後に客が店員にお礼を言うことについて、どのように思われますか。

站在对方的立场思考很重要

Q.关于结账后客人对店员表达感谢,您怎么认为?

 

西出さん「とても良いことだと思います。マナーの大前提は、相手の立場に立って考えること。『もし自分がレジを担当する店員だったら』と考えてみましょう。レジに立つ店員は、代金を受け取っておつりを渡す『会計』が仕事であり、それを行うのが責務です。」

西出桑说:“我觉得是一件很好的事,礼仪的大前提就是,要站在对方的立场上思考。让我们试想一下‘如果自己担任收银员的话’,站在收银处的店员做的是接收付款并找零的‘会计’工作,这样做是他的职责。

 

その仕事について、お客さんから『ありがとう』とお礼の言葉を掛けられたらどう感じるでしょうか。個人差はあるかもしれませんが、恐らくうれしいと感じる人が多いでしょうし、少なくとも嫌な気持ちにはならないはずです。

关于这个工作,如果有来自客人的一句“谢谢”这样感谢的话,会有怎样的感受呢?或许感受会有个人差异,但是恐怕很多人都会感觉开心吧,起码应该不会有厌恶的情绪。

 

英国で生活していた頃、街のさまざまな店ではいつも、老若男女問わず『サンキュー』が交わされていました。店員と客というそれぞれの立場の違いは関係なく、『お互いを人として認め合っている』ことが、自然に感謝の気持ちを伝え合う彼らのコミュニケーションから垣間見えました。

过去我在英国生活的时候,在街头各种各样的店铺里,不分男女老少,交谈时经常会说“thank you”。不管店员和客人各自的立场不同,他们相互之间自然地传达感谢之情,从他们这样的交流中能窥视到“他们彼此视为人”这件事。

 

お互いが『ありがとう』を交わせる社会は素敵なもの。何かをしていただいてお礼を言うことは、日本でも普通のことではないでしょうか」

一个彼此交谈说“谢谢”的社会是一个极好的社会。领受了某些东西后就会表达感谢,这在日本也是很普通的事,难道不是吗?”

 

Q.マナー的観点からみて、会計後にお礼を言うべきでしょうか。

Q.从礼节性的观点来看,结账后应该说感谢吗?

 

西出さん「マナーは決まりごとではなく、相手を思う気持ちを表すもの。お礼を言うか言わないかは自由であり、自分の気持ち次第です。ただし、お客さんから『ありがとう』と言われて不快に思う店員さんは少ないのではないでしょうか。『ありがとう』の一言が、相手にとってプラスの印象をもたらすのであれば、その言葉を気持ちとともに積極的に伝えるのはよいことだと思います。

西出桑说“礼节不是制度,是表达一种为别人着想的心情,道不道谢是个人自由,要根据自己的心情。只不过,被客人说了一句‘谢谢’而感觉不开心的店员是很少的吧。我觉得‘谢谢’这句话,如果对于对方来说会带来正面印象,那么随着心情积极地传达这句话是件好事”。

 

一方で、『ありがとう』と声に出して言うのを恥ずかしく思う人も少なくないと思います。その場合は、軽く会釈するだけで印象が大きく変わるものです。『(お会計をしてくれて)ありがとう』の気持ちは、さりげない振る舞いに込めて伝えることもできます。こうした行動や所作の一つ一つが、相手の気持ちや印象をよいものにさせることでしょう。

一方面,我觉得说出“谢谢”而感觉难为情的人也不少。这种情况时,只要轻轻地点下头,给人的印象也会有很大的变化,也能把“(为我结账)谢谢”这样的心情在若无其事的举止中传达出来,这样的一个个的行动和举止,会让对方的心情和印象变好吧。

 

一方、お会計をする店員さんやお客さんの中には『レジでお礼を言われてもうれしくない』と思う人もいるかもしれません。しかし、それは自分目線のことであり、一般的に『お礼を言われたらどう感じるか』と相手目線で考え、イメージしてみる意識を持つことが何より大切だと思います。相手の立場に立ち、よい振る舞いを心がけたいものです」

另一方面,做结算的店员和客人中可能也会有人觉得‘即使在收银处被说感谢的话,也不会开心’。但是,那是自己的视角,一般来说在对方视角考虑“被说感谢,会感觉如何”的话,我觉得有这种尝试想象一下的意识比什么都重要。我想站在对方的立场上,注意好自己的行为举止”

 

Q.その他、店での振る舞いや店員への言葉遣いについて、意識すべきことや気をつけるべきポイントはありますか。

Q.此外,关于在店里的行为举止以及对店员的措辞,有应该意识到的事以及需要注意的要点吗?

 

西出さん「店員と客という立場の違いはあるけど、人対人のやり取りですから、互いに相手を不快にさせない意識を持ったコミュニケーションが求められます。表情や声のトーン、言い方などに注意し、偉そうな態度や乱暴な言葉遣いは避けましょう。

西出桑说“虽然店员和客人这样的立场会有所不同,但是因为是人与人之间的交流,所以要寻求一种有意识地不会让彼此不愉快的交流。表情和声音的调子、说话的方式等都要注意,还要避免一种自以为了不起的态度和粗暴的措辞。

 

まれに、店員さんに対して『タメ口』で声を掛けているお客さんを見かけることがありますが、親しい間柄でない限り、タメ口は相手を不快にさせる上、トラブルの原因にもつながりかねません。

虽然很少会看到顾客对店员用“哥们话”的方式打招呼,但是只要不是很亲近的关系,哥们话会让对方感觉不愉快,而且很有可能也会成为纠纷的原因。

 

店という空間に態度の悪い人が一人でもいると、空間全体の空気も悪くなってしまいかねませんし、空間を共にする周囲の人も不快な思いをしてしまいます。立場の違いに捕われない思いやりを一人一人が持つことが、気持ちのよい社会につながっていくのではないでしょうか」

在店铺这样的空间里,即便有一个态度恶劣的人,很有可能整个空间的空气也会变得不好,而且也会让同在此空间里的周围的人有不愉快的想法。每个人都有受限于不同立场的同情心,关系到一个让人心情舒畅的社会,难道不是吗”

 

 

本文由知诸学院原创翻译,转载请注明出处。

新闻来源:news.livedoor     翻译:知诸学院 akatuki