日本の色(伝統色・和色)

日本の伝統色

あまり知られていない日本の色(伝統色・和色)を多数掲載し、色名の意味や由来をカラーコード付きでご紹介しています。日本人の美の心をお楽しみください。

日本的颜色(传统颜色、和色)

日本的传统颜色

本帖会发布许多不太为人所知的日本颜色(传统颜色、和色),针对每种颜色名称的意思以及由来,都会附上色码进行介绍,请欣赏日本人的美之心。

 

瑠璃色

るりいろ

#004898

 

色の説明

颜色的说明

 

瑠璃色(るりいろ)とは、濃い紫みの鮮やかな青色のことです。本来「瑠璃」とは仏教世界の中心にそびえ立つ須弥山(しゅみさん)で産出される宝石で、仏教の七宝の一つ。その宝石の色にちなんだ瑠璃色も至上の色として神聖視されました。実際、透明感のあるその色合いは、静かで幻想的な深海を思わせます。

所谓的琉璃色就是指带有深紫色的鲜艳蓝色。本来所谓的「瑠璃」就是指高耸在佛教世界中心的须弥山所盛产的宝石,是佛教七宝之一。琉璃色就由来于其宝石的颜色,被神圣地视为至高无上的颜色。实际上,其色调具有透明感,让人感觉就像安静的、引人无限遐想的深海一样。

 

瑠璃は一般的に濃い青色の形容に用いられており、『瑠璃紺』『瑠璃鉄』『瑠璃花色』など瑠璃を冠する色名がいくつか存在します。

琉璃一般用于形容深蓝色,实际就存在几种颜色名称冠以琉璃的,比如『瑠璃紺』『瑠璃鉄』『瑠璃花色』等。

 

 

正倉院の宝物、瑠璃盃(るりのつき)

 

また、瑠璃は青色系のガラス質も指し、正倉院の宝物には鉛系ガラスの『白琉璃高杯(しろるりたかつき)』『白琉璃碗(しろるりわん)』『緑瑠璃十二曲長坏』『紺琉璃坏』などがみられます。

此外,琉璃也指蓝色系的玻璃材质,正仓院的宝物中就能看到铅系玻璃材质的『白琉璃高杯 (しろるりたかつき)』『白琉璃碗(しろるりわん)』『緑瑠璃十二曲長坏』『紺琉璃坏』等等。

 

平安初期に書かれた『竹取物語』には「金、しろかね、るりいろの水、山より流れ出たる」の記述があるように、瑠璃は貴重な鉱物とされ、光沢のある鮮やかな濃青色であることから『碧瑠璃(へきるり)』とも呼ばれました。

写于平安初期的书《竹取物语》中就有这样的记述“金、白金、琉璃色的水、自山中流出”,琉璃被认为是贵重的矿物,因为是具有光泽色彩鲜明的深蓝色,所以也被称为『碧瑠璃(へきるり)』。

 

瑠璃の洋名は「ラピスラズリ(lapislazuli)」といい、主にペルシャで産出され、中国を経て日本に伝わりました。また、ヨーロッパにはアフガニスタンから「海路」で運ばれたため、ラピスラズリを原料とする青色顔料は「ウルトラマリン」と呼ばれています。

琉璃的洋名叫做“ラピスラズリ(lapislazuli)”,主要盛产于波斯(伊朗旧称),经由中国传到日本。另外,也有从阿富汗通过“海路”运到欧洲的,所以用lapislazuli(天青石)为原料的蓝色颜料被称为“ウルトラマリン(ultramarine:群青色)”。

 

ラピスラズリの原料となる鉱物を日本では「青金石(せいきんせき)」と呼び、英名ラズライト(lazurite)と表記しますが、リン酸塩鉱物の一種の「天藍石(てんらんせき)」も英名ラズライト(lazulite)と欧文のスペルは違うのですが、カタカナ表記では同じであるため、混同しやすく注意が必要です。

在日本把“ラピスラズリ(lapislazuli)”的原料矿物称为「青金石(せいきんせき)」,英文名写成lazurite(天青石、青金石),磷酸盐矿物中有一种「天藍石 (てんらんせき)」的英文名称是lazulite,两种单词的拼法不一样,但片假名书写是相同的,所以容易混淆,需要注意。

 

数ある伝統色の中でも、瑠璃色は『臙脂色(えんじいろ)』や『山吹色 やまぶきいろ』などとならんで現在でもよく使われている色ではないでしょうか。

在多个传统颜色中,琉璃色与『臙脂色(えんじいろ)(深红色、绯红色)』、『山吹色(やまぶきいろ)(金黄色)』并列,时至今日还是比较常用的颜色。

 

资料来源:http://irocore.com/ruri-iro/

翻译:知诸学院 akatuki

本文内容翻译为知诸学院原创,未经授权禁止转载