「いだてん」最低視聴率も乙武氏らが絶賛「神回 」

《韦驮天》虽创最低收视率 乙武氏等仍赞不绝口:“堪称神一样的一集”

《韦驮天》虽创最低收视率 乙武氏等仍赞不绝口:“堪称神一样的一集”

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」の第22回が9日に放送され、関東地区の平均視聴率が6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低を記録した。

6月9日播出了NHK大河电视剧《韦驮天:东京奥运的故事》的第22集。关东地区平均收视率为6.7%(关西地区6.0%),创下了大河电视剧史上最低的收视率。

 

しかし一方で、視聴者からは「神回」だったと絶賛の声が相次いでいる。

但是一方面,接二连三收到了观众极力称赞:“堪称神一样的一集”

 

9日の放送では、四三(中村勘九郎)の熱血指導によって東京府立第二高女の女学生たちがスポーツに打ち込み、教え子の富江(黒島結菜)たちが全国的なスポーツアイドルとなる内容が描かれた。また、女学生の親たちが、足をさらけ出す娘の姿が好奇の目にさらされたと激怒し、学校に抗議しにやってくるが、四三が「男が悪か! 女子には何の非もなか! 男が目隠しばしたらどぎゃんですか!」と熱く反論するシーンに、ネット上では「四三…よくぞ言ったぁあああ涙」「何もかも同意します!頑張れ…!」「四三さん、まさに至言です」と絶賛の声が多数あがった。

6月9日播出的22集描写的是:在四三(中村勘九郎)的热血指导下,东京府立第二高女的女学生们全力投身到运动中。学生富江(黑岛结菜)等成为了国民运动偶像。另外,女学生们的父母,看到裸露腿部的女儿们后感到异常愤怒,向学校提出了抗议。但四三热情澎湃的反驳了他们:“是男人的错!女生完全没错!让男人们蒙住眼怎么样!”的场景。网上很多呼声都是激励称赞四三的:”四三说得太好了,泪目!”、“非常同意,加油!”、“四三真是至理名言”。

 

視聴率の低迷ばかりが取り上げられがちな同ドラマだが、視聴者の間では高く評価する声が少なくない。作家の乙武洋匡氏は10日にツイッターで、「個人的には、『龍馬伝』と並ぶ“俺史上”最高傑作だけどな。2回に1回は泣かされてる」とした。

本电视剧的收视率低迷,已经快到被停播的状态。但观众中高度评价的呼声非常多。作家乙武洋匡6月10日在Twitter上评论:“就我个人而言,这部是媲美《龙马传》的最高杰作。每看两集就哭一次”

 

また、達増拓也岩手県知事はツイッターで「ツイッターには絶賛、激賞があふれ、この第22回が今までで最高の神回だというツイートも多い一方で、大河ドラマ視聴率の最低更新というニュース。新しい視点や新しい趣向で、人や社会の真実を浮き彫りにする #いだてん。まさに、変革は常に少数者から始まる、ということかもしれません」と私見を述べた。

此外,岩手县知事达增拓也在Twitter上表示了自己的意见:“Twitter上称赞非常多,很多评论也都表示22集是堪称最棒的一集内容,不过另一方面有报道说这是更新大河电视剧最低收视率的作品。通过崭新的视角、一集新的趣向,刻画出人、社会真实的一面。韦驮天,可以说是,变革通常是从少数人开始的。”

 

 

本文由知诸学院原创翻译,转载请注明出处。

新闻来源:Livedoor NEWS  翻译:知诸学院  架钩